怖い副作用をピックアップ|放射線治療でがんを撃退すれば万々歳

病院

早期発見が近道です

看護師

乳がんは、乳腺組織にできる悪性の腫瘍で、月に1度自分で触ってみて、しこりや違和感がないかを調べるのが早期発見へつながります。脂肪分の摂取を控えめにして、30歳を過ぎたら2年に1度は乳がんの検診を受けるとよいです。

» 詳細を読む

がんの遺伝子治療

花

池袋クリニックは、がんの遺伝子治療を行っている病院である。がんの遺伝子治療は副作用がなく、治療に伴う苦痛もないため、がん患者からの人気を集めている。池袋クリニックは遺伝子治療によるがんの治療実績が豊富で、数多くの患者が池袋クリニックで、がんを完治させている。

» 詳細を読む

昔とは違ってきている

先生

通院で治療ができる

がんの転移などで、放射線治療を行なうことがあります。一昔前までは入院をして行うことが一般的でしたが、最近は通院でもできるようになってきています。通院の場合、状況によっては学校や会社を休むことなく通えるため、かなり効率的です。もちろん、日常生活への負担もかかりにくくなります。そのため、比較的、症状が軽い人や通院可能な人であれば、通院での放射線治療を選択するようになってきています。もちろん、自身では通院を希望しても、担当医が許可をしてくれなければ入院となります。また、通院を選択したものの、実際に治療を始めてみると入院した方が楽に思えてくることもあります。臨機応変に対応できることもあるので、担当医とよく相談することが大切です。

副作用を把握しておこう

放射線治療を行うからには、それにともなう副作用を把握しておく必要があります。副作用といっても、人によって症状の出方は違ってきます。事前に知らされていた副作用が全く出ないという人も居たり、逆に、想像以上に副作用に悩まされる人も居たりします。ある程度の覚悟をするためにも、どんな副作用があるのか、事前に知っておくと安心です。一般的に言われていることは、身体の痛みや抜け毛などが挙げられます。これらは念頭に置いておいた方がいいかもしれません。また、放射線治療は何度か行われることがあるため、その回ごとに副作用の出方も違ってくることがあります。一回目、二回目は何も出なくても、三回目から出てくるという人も居ることから、その都度、状態を確認することが大切です。

ガンはいろいろな治療法で治すことができるのですが、ガン治療の最新治療といえば、放射能治療なのです。放射能治療は、アメリカではメジャーな治療なのですが、日本には最近きたので最新治療なのです。放射能治療の特徴は、すぐにガンを治せることができるのです。そして、手術みたいにメスを使わない治療で体への負担が少なく入院もすることがありません。このように、メリットがとても多くあります。癌になったからと言って諦めるのはまだ早いのです。

薬の上手なのみ方

男性

病院受診時には既にのんでいる薬・サプリや以前アレルギー反応をおこした薬を医師に知らせます。服薬するときは説明書を良く読み、自分の判断で中止したり減らしたり増やすことは禁止です。副作用が出たときは服薬を止め病院に連絡します。

» 詳細を読む

Copyright© 2016 怖い副作用をピックアップ|放射線治療でがんを撃退すれば万々歳 All Rights Reserved.